総合医療センター看護専門学校


■What's New■

台風による開校状況
2018/06/11
在校生の皆様へ
本日、6月11日(月曜日)の講義及び実習は、通常とおり実施いたします。
通学時には足元等に十分気をつけてください。
尚、交通機関等の遅れがある場合は、必ず「遅延証明書」を駅で受取り、
学校教務室へ提出してください。


学校事務室室長より

*・゚゚・*戴帽式:.。..。.:*・゚
2018/05/16
こんにちは!ハチです♪
先週までうすら寒かったのに、今週のこの暑さ・・・。
毎日どんな服装をしていったらよいか悩みます。
皆さま、体調を崩したりしてないでしょうか?

さて今日は先日行われた戴帽式の様子をお伝えします♪
戴帽式とは、学生が看護を選んだ初心を再確認し、
これからへの決意を新たに誓うセレモニーです。
先生方からキャップを付けていただき、
ナイチンゲール像から灯をもらいます。
灯がともるごとに明るくなったホール中で、
学生の唱えるナイチンゲール誓詞は厳かに響き渡りました。
病院でナースキャップをつけなくなり、
それにともなって戴帽式を行う学校も減ってきたそうですが、
学生にはキャップの重みとともに忘れられない大事な日。
いつまでも続いてほしいセレモニーです。

ようこそ新入生の皆さん!!の体育祭 ((((((( *・`ω・)っ
2018/04/27
こんにちは!ハチです♪
そして、へろへろのブチさんです。
ブチ:ど、どうも、みなさん、こんにちは、我が校のアイドルです・・。
ハチ:あくまでも「自称」アイドルです。
さて今日は新1年生を歓迎しよう!学校の様子を知ってもらおう!
ということで体育祭が行われました♪
全学年を縦割りに8色のチームにわかれ、チーム対抗で戦いました=3
ブチ:8色と言えば、各チームの入場行進がおもしろかったな!!
ハチ:あ、急に元気になった。
ブチ:おうよ!俺の一番のみせどころっ(*´∀`*)ノ。+゚
ハチ:それぞれのチームが凝った演出で入場しました♪
ブチ:マリオとかカッパとか、寿司なんてチームもあったな。
ハチ:ブチさんとっっても張りきってましたもんね〜 (´ー`)フッ
ブチ:障害物競走から始まって最後は全学生参加のリレーの全5種目!
ハチ:そうそう!最後のリレーでは学生の全力疾走と応援で地響きがしました=3
ブチ:オレは一陣の風となった。ふっ。
ハチ:ブチさん、入場行進で足つっちゃって、その後
ブチ:若者の熱気と創意を感じるすばらしい歓迎会だった。
1年生の諸君!当校のアツさ、受け取ってくれたかな!?

ゆっちのWhat’s ニュース速報 ★゚* OSCET☆*゚*
2018/04/25
こんにちは。
What’s Newの速報を担当するゆっちです (*^_^*)
当校でのできごとをつれづれなるままに速報します。
今回の速報はOSCE1です★*゚*☆*゚*

OSCEは「客観的臨床能力試験」のことで、
現場で求められる実践力を確かめよう、という試験です。
またこの試験を通じて学生自身の能力や課題に気づき、
ふり返りをして学びを深めてもらいたい、というねらいもあります。
当校では3学年で2回この試験を受けますが、
今回はその1回目、学生にとっては初めてのOSCEです。
緊張しながらも様々な気づきがあったようです。
もうすぐ始まる領域実習に役立つ学びがありますように (^v^)

かかわらなければ、、、
2018/03/22
こんにちは!ハチです♪
先日、「かかわらなければ〜ハンセン病元患者との出会い〜」
というテーマで講演会が行われました。
お話をしてくださったのはシンガーソングライターの沢知恵さんです。
「難しい話なのかな?」と身構えていたハチですが、
会場に入ってきた沢さんの明るい雰囲気とざっくばらんな語り口、
そして何よりも披露してくださった「アメイジンググレイス」の歌声!
のびやかで包み込むような歌声が響き渡った瞬間、
会場の空気がふわりと開いていくのを感じました。
お父様とのつながりから始まった
大島青松園のハンセン病元患者の皆さんとのご縁。
深い愛情をもって迎えられ、次第に関わりを深めていきますが、
関わることから生まれる喜びはもちろんその限界も知ったそうです。
それでも沢さんはのびやかにつながりを広げていかれました。
講演会テーマ「かかわらなければ」は大島青松園で過ごされた詩人、
塔和子さん「胸の泉に」という詩の一節で、
沢さんはこの詩に曲をつけて歌われています。
沢さんの最初の一歩から始まった「かかわる」物語は、
関わることに身構えていた心に
泉の水の豊かさを思い出させるようなお話でした。


ニュース内容については携帯に合わせて省略してあります。写真やリンクの一部はご利用いただけません、予めご了承ください。パソコン版のホームページも御座いますのでご利用くださいませ。
埼玉医科大学附属総合医療センター看護専門学校
TOPへもどる